« Windows 7杯 自作PCの祭典 (はるなな) | トップページ

2010年5月 8日 (土)

初めてのオーバークロックチャレンジ

OCGP 2010 - Core i7&i5 オーバークロックチャレンジ -

Oc_top_3

■応募クラス
  ●制限なし!オレのOCを見ろ!!クラス

■エントリーマシンの外観写真

Photo

■エントリーマシンの内部写真

Photo_2

■エントリーマシンの冷却装置の写真

Photo_3

■エントリーマシンの構成パーツ

  CPU:intel Core i7 975 Extreme Edition

  マザーボード:GIGABYTE GA-X58A-UD7

  メモリ:Corsair CMD12GX3M6A1600C8(1600MHz/XMP1.2/CL8) 計12GB

  ビデオカード:ASUS EAH4890/HTDI/1GD5/R2

  SSD:intel X25-M SSDSA2MH080G1C1×2

  HDD:日立 HDS722020ALA330(2TB)×3
  HDD:日立 HDT721010SLA360(1TB)×3
  HDD:日立 HDS721010CLA332(1TB)

  光学ドライブ:バッファロー DVSM-XL20FBS/BWH

  CPUクーラー:Corsair CWCH50-1

  ケース:Corsair CC800DW

  電源:Corsair CMPSU-850HXJP

  ファンコントローラ:風サーバーブラック KS01-BK

  使用OS:Windows 7 Ultimate(64bit版)

■指定のベンチマークソフトの結果表示画面とCPU-Zの画面

32x_2

■解説文

いままで、安定重視で定格動作(メーカーオーバークロック商品)でしか使用したことがありませんので、
「オーバークロックビギナーズクラス」でのエントリーが適当だと思いますが、
静音化が目的で導入した「Corsair CWCH50-1」を使用しているため、水冷扱い?となるため、
「制限なし!オレのOCを見ろ!!クラス」にエントリーすることにしました。
普段から、御社の雑誌「DOS/V Power Report」を読んでいるため、
基本知識はありましたがいざやってみると、ブルパニックやリセットが動作して、
パソコン壊れてしまわないか心配でした。
ベースクロックの変更は、パーツの寿命や安定動作が心配なので、
たまたま、内部倍率が変更できるCPUを使用していたため、倍率のみ変更してみました。
思ったより簡単にオーバークロックができることがわかり感動しました。

« Windows 7杯 自作PCの祭典 (はるなな) | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551628/48285179

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのオーバークロックチャレンジ:

« Windows 7杯 自作PCの祭典 (はるなな) | トップページ

無料ブログはココログ